私の手しごと帖

定番シンプルシャツ filer

縫製の特訓を兼ねて、定番シンプルシャツを白の平織り生地で作ります。襟付きシャツを縫うのは数か月ぶり。既製品のようなシャツを縫えるようになりたいけれど、そんなにシャツばかり必要ないのでなかなか上達は日進月歩です。まずは型紙を生地に並べて、効率よくパーツを取るところから。今回は無地で、柄合わせがない分とても楽。

前立て縫って、後ろヨーク付けて、前後の身頃を縫い合わせ。

袖の開きになる、剣ボロ縫い付けるところまで完成。剣ボロ縫いは、そこだけ何枚もパーツを作って練習しました。縫製工場の動画を見ても、工程一つ一つ丁寧で、長年の間隔と技術が必要だなって思います。綺麗にできるとうれしいパーツのひとつ。

仕様書では脇と袖下、袖付け箇所の縫代は、ロックミシンで仕上げるようになってます。今回は全ての縫い代を隠したかったので「折り伏せ縫い」にしました。この作業、袖山の所なんかカーブがきつくて均等にならないし、袖の中縫えば生地はくしゃくしゃ。全くウキウキしません。表にステッチが出るので、ここも均等にピシッと仕上げられるよう、もっと練習したい部分。

襟と袖口のカフスが付きました。あとはボタンホールを作るだけ。縫製は60番の糸を使いましたが、ボタンホールは細めの糸を使った方がもっさりとせず、綺麗に仕上がるので90番を使うようにしています。

今回のパターンは台襟が高めで、襟を立てると首長効果が期待できるデザインです。後ろヨークの下のプリーツがなくて、後ろ身頃にダーツが入るので全体的に「しゅっ」としています。袖は細目で、カーディガンを着ても腕太にならないのがいいです。

ボタンホール完成。ボタンホールにはブラザーの家庭用のミシンを使ってます。糸は90番、針は9号、振り幅3.5、縫い目0.3の設定です。私は専用のボタンホーラーを持っていないので比較できませんが、充分綺麗な気がします。自分の服なので私は満足。

カフスと剣ボロ、前立て合わせて12個。裁断してからボタン12個付ける仕様だったことに気付きました。作った服にはいいボタンを付けたい、けど貝のボタンはとても高価。あまり着なかった服を処分する時、ボタンが付いていたら取っておくといいですよ。ボタンは買うとそこそこ高いものです。

ボタン付けて完成~。きちんとボタンを留めてみると、とってもスタイルのいいシャツだとわかります。

後ろはウエストが絞られてスタイル抜群。出して着ても格好いいし、スカートやパンツに裾を入れた時にウエストまわりに差が出ます。

今回の練習を糧に、もう一着、次は柄物で挑戦です。

Pattern Infomation

【型紙】定番シンプルシャツ型紙

細身ですっきりしたシルエットのシャツパターン。仕様を変更して、縫い代を折り伏せ縫いにして仕上げました。参考用尺 145cm幅で約150cm、11.5mm巾ボタン=12個。剣ボロや本格的な台襟を付ける個所は難しいですが、完成シャツは既製品のような仕上がりなので満足度が大きいです。filerさんの型紙は、普段着ているサイズのひとつ下でよいかな?ということが多いのですが、このシャツは細身なのでいつものサイズで大丈夫かと思います。首回りの開きぐあいが程よくて、ボタンを開けても襟が首に添うのだらしなくなりません。とてもラインの綺麗なシャツです。

Pattern : filer

ABOUT ME
NUNOTOIRO
NUNOTOIRO
通園・通学に役立つバッグや巾着の作り方を写真付きで丁寧に解説しています。製作過程や更新情報、レシピの訂正・変更などはTwitterで。作品の写真などはリツイートしますのでお気軽に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください