私の手しごと帖

ギンガムチェックのシャツワンピ

黒のギンガムチェックでシャツワンピを作ります。チェックは柄合わせが大変なんですが、せめて正面から見た部分はピシッとと合うように頑張ります。写真は型紙が入るか確認しているところ。チェックの生地の裁断は、2枚重ねず1枚1枚丁寧に、ズレないように気を付けて。まずは裁断と印付けです。

左右の前身頃を重ねて、チェック柄が合うようにしているところ。ここで少しでもズレてしまうと台無しです。糸がぴょんぴょん出てるのは、切りしつけの糸を切ってないだけです。生地の目が詰まってるので1本どり。

型紙を写すのに使っているのが不織布。畳み跡はアイロンで消えるし、穴が空かないし、ルレット使っても破れない。布の柄が透けて見えるので、柄合わせも型紙の印を確認しながら出来てとっても優秀です。

ボタンホールは前立てだけなので、身頃をつなげる前にボタンホールを作ってしまいます。中厚で目の詰まった生地なので振り幅4.5、縫い目0.3に設定。ボタンホールを作る時の糸は90番を使っています。

前後の身頃をつなげました。肩にギャザーが入る仕様でしたが、生地に張りがあるのでタックに変更。ここから半袖が付きます。

袖丈に4.5cm足して、形をフレアスリーブにしました。変更前は袖先が上を向いて腕が丸見えでしたが、フレアにしたことで角度が下がりすっぽり腕が隠れます。変更前は胴長に見えてたシルエットが、袖を伸ばしたことで横幅も出ました。次はいよいよ襟付けです。

襟を作りるとき、上襟は表になる側を上にして2mm程ずらし、中心に向かって元のラインに戻るよう縫い合わせます。なだらかなラインになるよう、カーブのきつい部分には切込みを入れ、表に返し、裏側に1mm程表布が見えるようアイロンします。上襟にステッチを入れて台襟と合わせます。

襟を付けて完成です。最終、脇を縫い合わせるときに身幅を前後で3cmずつ詰めました。台襟のボタンホールは省略してます。丈が膝上なのでパンツにも合うし、前ボタンを開ければ羽織りものに出来る。襟を大きく開けてもだらしなく見えなくて綺麗。着こなしに応用が利くパターンなので、生地を変えてまた作ります。

Pattern Infomation

【型紙】ギャザーオーバーシャツワンピース型紙

ワンピースにも、羽織りものにもなる、前開きのオーバーシャツ。オプションで長袖もあります。参考用尺 112cm巾で約210cm、11.5mm巾ボタン=9個。身頃がとてもゆったりしているので、サイズ選びは胸囲を参考にした方が良さそうです。今回張りのある生地を使ったので、ギャザーはタックに変更し、身頃が大きかったので前後で3cmずつ詰めました。袖口の空きも気になったので、私は自分で袖の型紙を引いて調整しました。ワンピースとして着るなら生地は透けないものを。

Pattern : filer

Twitterではサイズ調整や袖の変更など、もっと細かい製作の様子を紹介してますので参考にどうぞ。

ABOUT ME
NUNOTOIRO
NUNOTOIRO
通園・通学に役立つバッグや巾着の作り方を写真付きで丁寧に解説しています。製作過程や更新情報、レシピの訂正・変更などはTwitterで。作品の写真などはリツイートしますのでお気軽に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください