私の手しごと帖

ラベンダー色の幾何学模様

ラベンダーが咲く季節に合わせて、ラベンダー色の生地に、ラベンダーじゃない花を刺してます。規則的な模様、大きさが揃わなくて難しい。全体的に不揃いになって、全部が目立たなくなってしまえばいいのに……。

花を並べて、間に規則正しくフレンチナッツ。ミモザの花の時は「自然に、ふわっと、ランダムって難しい」って嘆いてたけど、「規則正しく、きっちりと、同じ大きさに」刺す方が百倍難しいということを学びました。集合体ごとに続けて刺してるから、絡まった時のショックが大きいです。

図案はこちら、「「樋口愉美子のステッチ12か月」より、秋の幾何学模様。刺繍だけが浮き出ないように、生地に溶け込むような淡い3色の色合いで刺しました。

刺繍が終わった生地をフルル巾着に仕立てました。フリフリのところにも花、裏側にも同じ刺繍を入れています。

一つ一つは拙いけど、完成すれば「おぉ~可愛い」と自画自賛します。ほめて!伸ばす!フルル巾着は柄の入った生地でも、図柄がフリルのところまで繋がります。イメージしてた通りに完成して大満足です。

Pattern パターン

フルル巾着パターン

フルル巾着パターン

袋口がフリルになるので、花が咲いたような可愛らしい巾着。マチをたっぷりとってあり、紐をきゅっと締めれば、ふっくらと丸い形になります。作り方をA4用紙、型紙はA3用紙に印刷しています。型紙は縫い代込みですので、そのままハサミで切ってお使い下さい。布は薄手~普通地の生地がおすすめです。★商用利用可

Pattern : shop NUNOTOIRO:650円

ABOUT ME
NUNOTOIRO
NUNOTOIRO
通園・通学に役立つバッグや巾着の作り方を写真付きで丁寧に解説しています。製作過程や更新情報、レシピの訂正・変更などはTwitterで。作品の写真などはリツイートしますのでお気軽に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください