人気のレシピ

巾着袋の作り方 裏地なし・マチなし・ひも片側

Detail & Style 簡単に作れるシンプルな巾着袋

  • ひもの通し口は片側にしか作れませんが、手縫いでも簡単に作れる巾着です。
  • 横長に布を裁つので、柄に天地があってもはぎ合わせずに作ることができます。
  • 巾着の用尺を試算できる、計算シートを用意しました。

必要な布の計算方法

kinchaku-type1-a-3

作りたい巾着の高さと幅を決めたら、下記の式または計算シートを使って必要な布の分量を計算してください。

kinchaku-type1-a-4
生地
縦 = 高さ + 4cm縫代
横 =( 幅 + 1cm縫代 )× 2
ひも
巾着の幅の2倍+20cmを目安に。用途によって調整する。

計算シート

巾着の用尺を計算のための計算シートを用意しました。作りたい巾着袋の「幅」「高さ」「マチ」を決めたら、計算シートの各欄に数字を入れて用尺の計算をします。PDF形式での配布ですので印刷してご利用ください。

【禁止事項】
× PDFファイルそのものを販売する。(修正も不可)
× サイトに掲載されている写真・画像・文章を無断で使用し他所で公開する。

計算シート

計算例

kinchaku-type1-a-1kinchaku-type1-a-2
寸法
高さ18cm 幅16cm
ひも片側の巾着
kinchaku-type1-a-5
材料
生地:縦22cm × 横34cm 1枚
ひも:55cm 1本

How to make 作り方図解

kinchaku-type1-a-6
kinchaku-type1-a-7kinchaku-type1-a-8

1.布を裏からみて、上の図の位置でアイロンで折り目を付けます。まず布の端から1cm目のところで折り、さらに2cm折ってください。

kinchaku-type1-a-9kinchaku-type1-a-10

2.1cmだけ折り返した状態で、両端にほつれどめのジグザグミシン(またはロックミシンやまつり縫い)をかけます。手縫いの場合はブランケットステッチでなどでほつれ止めします。

kinchaku-type1-a-11

3.中心で中表に布を畳み、ジグザグミシンをかけた側を上から6cmを残して縫います。この部分がひも通し口になります。

6cmはきまりではありません。サイトではひも通し口の下に2cmのあきが出来るよう寸法を計算しています。
kinchaku-type1-a-12kinchaku-type1-a-13

4.縫い残した部分をアイロンで割ります。葉書など、紙を当ててアイロンをかけるときれいに折れます。

kinchaku-type1-a-14kinchaku-type1-a-15

5.ひも通し口をコの字に縫います。縫い止まりの上は返し縫いをしてください。

kinchaku-type1-a-16

kinchaku-type1-a-17kinchaku-type1-a-18

6.脇の縫い目を手前に倒し、下から1cmのところを直線で縫います。途中ねじれた状態になりますが表に返すと平らになりますので問題ありません。

kinchaku-type1-a-19kinchaku-type1-a-20kinchaku-type1-a-21

7.次に縫代部分にジグザグミシンをかけ、余分な布をハサミで切り落とします。

kinchaku-type1-a-22kinchaku-type1-a-17

8.はじめにアイロンで折り目を付けておいた部分を折り返し、丁寧にアイロンで押さえます。底を脇とは逆側に折り返し、アイロンをかけてから表に返します。底と脇を別々の方向に返すことで、角のもたつきを抑えます。

kinchaku-type1-a-24kinchaku-type1-a-25

9.布を写真のようにミシンにセットして袋口を縫います。折り返した布の端から4~5mmくらいのところを一周し、最初と最後は返し縫いをします。

kinchaku-type1-a-26

10.ひもを通して完成です。(写真は共布で作ったひもを使っています。)

kinchaku-type1-a-27kinchaku-type1-a-28kinchaku-type1-a-29kinchaku-type1-a-30

【参考】LIBERTY Fabric Eloise

おすすめの生地店