布の収納アイディア

くるくる巻いて、丸巻きで収納する

  • ホームセンターで手に入る材料を使った、取り出しやすい収納方法です。
  • 畳みジワを減らせるので、アイロンを掛けるのが楽になります。

シワを防いですっきり綺麗に

畳んだ状態で長く布を収納すると、頑固な折りジワ、畳みジワが付いてしまいます。畳まずに収納するのは難しいし、毎回念入りにアイロンがけをするのも面倒。お店のように板状のものに巻くのもよいですが、省スペースで収納できる、凍結防止防止用のスチロールカバーを使った収納法の紹介です。

ホームセンターで水道管などの凍結防止用に売っているスチロールカバー。太さは何種類かありますが、私が使っているのは直径4cm位のもの。写真のように、切れ目が入っていて、グイっと広げても大丈夫な商品です。長さが1mくらいあって、値段も数百円。半折りにしない状態の生地は長いまま、半折りの生地用にはカッターで半分に切って使います。

では使い方、写真は半折りにしたリバティ生地です。生地の端を切れ目に入れます。なるべくシワが寄らないように、丁寧に生地を巻いていきます。

これは1mくらいなので楽に巻けますが、長くなると後半はシワが寄ってきますので、長い生地は半折りにせず、丁寧にアイロンを掛けて長いまま巻いてください。

長めの生地を半折りにして巻く

長めの生地を半折りにして巻きたいときは、布を巻く時にもう一本挟んで巻きます。緩まないように引き締めながら巻いてください。幅がある分、布にシワが寄らないのでおすすめです。

写真は3mの半折り生地を真ん中から畳み、1.5mの長さで巻いたものです。使うたびに巻き直す手間はありますが、よりシワが寄らず綺麗に巻けます。

短い生地を重ねて巻く

用尺が50cm以下の生地は、アイロンを掛けて折り目とシワを取った後、耳を切れ目に差し込んで巻いていきます。数枚一緒に巻くことも出来ますので、端を綺麗に揃えて切れ目に入れ、そのままくるくる巻いてください。

巻き終わった生地は、箱などに立てて収納します。写真は半折りの生地ですが、スペースがある場合は畳まず丸巻きのままがおすすめです。

同系色、大きさ別など、仕分けして収納する

  • 一カ所に入れても見つけやすく、シワになりにくい収納方法。
  • サイズがA4~A7と豊富なので、生地の整理だけでなく、副資材の収納にもおすすめです。

ハギレの収納は取り出しやすく

ハギレの収納には、スライダー付きの収納バッグがおすすめです。可愛い柄のものもありますが、私は見やすい透明のものを使っています。サイズもA4~A7と豊富で、100円ショップで購入できます。スライダーで開け閉めするので使いやすく、密封性があるので圧縮パックのように中の空気を抜けます。大きさや色の系統別にパックすると、目当ての生地を探しやすくて便利ですよ。

生地のほかにも、製作途中の材料をまとめて入れたり、副資材の収納にもおすすめです。A4サイズにはいろいろまとめて入れられるし、一番小さいA7の袋も、タグや細かい材料を入れるのに重宝しています。

区分けした生地は引き出しに入れています。雑に入れてもぐちゃぐちゃになる心配はないし、透明なので探しやすいですよ。

Sewing Tips

収納は日が当たらない場所で
生地は日の光で色あせてしまうので、生地の収納は引き出しの中やクローゼットなど、日光の当たらない場所にしましょう。どうしても表に出しておく場合は、遮光できる箱に入れたり、カバーをかけておくと色あせ防止になります。
折りジワ、畳みジワ
生地を通販で買うと、厚みが出ないようにきっちり畳んで送られてくることがあります。頑固な折りジワを取るのは難しいので、すぐにアイロンがけをして丸巻きすると安心です。

2018年4月9日Sewing Tips


PAGE TOP