巾着袋の作り方 裏地付き・折りマチ(隠しマチ)

kinchaku-type2-c-main

裏地付きの巾着

  • 折りマチは畳んだ状態はペタンコですが、広げると底が円形になるので丸いものを入れるのに適しています。
  • 布を縦長に裁ち、半分に折り返すので、柄に天地がある場合には中心ではぎ合わせてください。
  • ひも通し口は片側・両側ともに作成可能です。サイトではひも通し口を片側の巾着袋を作ります。
  • こちらで紹介する方法は、布が重なる部分が厚くなりますので厚地の布には適しません。薄手の布で作ることをおすすめします。

必要な布の計算方法

kinchaku-type2-c-2

作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決めたら、下記の式で必要な布の分量を計算してください。マチとは袋の奥行きのことです。

表地
縦:(高さ + マチ/2 + 縫代 3cm)× 2  ※「マチ/2」はマチの半分の長さ)
横: 幅 + マチ + 縫代 2cm
裏地
縦:(高さ + マチ/2 + 縫代 1cm)× 2  ※「マチ/2」はマチの半分の長さ)
横: 幅 + マチ + 縫代 2cm

kinchaku-type2-c-7

計算例 高さ17cm×幅10cm×マチ6cm ひも片側の巾着

柄に上下のある布は布を接いで必要な長さにする、ひもは55cmを1本。

kinchaku-type2-c-8kinchaku-type2-c-3

【写真】高さ17cm×幅10cm×マチ6cm

kinchaku-type2-c-9

【表布】縦46cm × 横18cm 1枚
【裏布】縦42cm × 横18cm 1枚
ひも55cm 1本

布の裁ち方

kinchaku-type2-tate-akinchaku-type2-tate-c
柄に上下のある布
縦の用尺の半分に1cmを足し、2枚裁断します。2枚を中表に重ね、縫代1cmで縫い合わせます。
柄に向きのない布
表布は中表、裏布は外表にし、わで裁断します。
One Point
布がだぶつかないように、裏布が表布よりも内側になるように設計しています。縦の計算式では縫代が1cmですが、作る時には0.5cm多めにたたみ、その分でもたつきを押さえるようにしてあります。

作り方図解 – ひも片側タイプの巾着 –

kinchaku-type2-c-orime
kinchaku-type2-c-10kinchaku-type2-c-11

1.図のように、表布は上下を3cm、裏布は1.5cm折ってアイロンをかけます。裏袋は縫代分よりも5mm多めにたたみます。それによって内側の布がすっきりと内側に収まるようになります。

kinchaku-type2-c-kotei

2.表布と裏布の裏同士を中心に合わせて重ね、中心をしつけで固定します。

縫い目を気にしないのであれば、縫代を避けて、中心から右と左、それぞれマチの半分の位置をミシンで縫ってしまえば布がずれないので作業が楽です。出来上がったとき縫い目もさほど気になりません。

kinchaku-type2-c-12kinchaku-type2-c-13

3.表布と裏布を一緒に中心で畳み、写真左のように裏布をマチの半分の箇所で折り、アイロンをかけます。裏側も同様に。布が写真右のように重なっていることを確認し、ここがずれないようにマチ針で留めるか、しつけをしてください。

kinchaku-type2-c-14

4.ひも通し口を2cm開けて、縫代1cmの位置で両脇を縫います。最初と最後は返し縫い。

ひも通し口を両側にする場合は、両サイドに2cmの空きを作ってください。

kinchaku-type2-c-15kinchaku-type2-c-16kinchaku-type2-c-17

5.写真の位置を斜めにカットします。縫い目よりも1mmくらい手前をハサミで切ってください。両端。

kinchaku-type2-c-18kinchaku-type2-c-19

6.縫った箇所を割って、アイロンをかけます。

kinchaku-type2-c-20

7.ひも通し口の下端までをコの字に縫います。

kinchaku-type2-c-21

8.はじめにアイロンで付けておいた3cmと1.5cmのところで、再度アイロンできっちり折り目を作ります。表袋を裏袋にかぶせ、表から裏布が見えないように、表布より少し下になるように裏布を合わせます。ここはマチ針を打ちながら丁寧にやってください。

kinchaku-type2-c-22kinchaku-type2-c-23

9.裏布と表布がずれないよう袋口を一周しつけ糸で固定し、表袋と裏袋を縫い合わせます。

kinchaku-type2-c-24

10.次にひもを通す部分を縫います。布端をガイドに合わせ、2cmの位置をぐるり一周縫います。

kinchaku-type2-c-25

11.しつけ糸を全てはずしアイロンで形を整え、ひもを通して完成です。

kinchaku-type2-c-26kinchaku-type2-c-27kinchaku-type2-c-28kinchaku-type2-c-29

【参考】LIBERTY Fabric Betsy

Recommended Tools 道具と材料


D'anjo

ダンジョ

リバティ タナローン

10cm / 324円


Eloise

エロイーズ

リバティ タナローン

10cm / 324円


Queue for the Zoo

キュー・フォー・ザ・ズー

リバティ タナローン

10cm / 324円


Tom's Jet

トムズジェット

リバティ タナローン

10cm / 324円


ループエンド

W15xH14mm 10個 / 120円


アクリルひも

Mサイズ 5mm~6mm

全77色

1m / 23円


アクリルひも

迷彩コード 5mm

全5色

1m / 51円


アイロンシール

2,160円【送料無料】

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

Sewing Tips

ひもの長さについて
ひもの太さにもよりますが、少なくとも巾着の幅の2倍+20cmを用意してください。ひも通し口を両側に作る巾着の場合は、ひもを袋口で結ぶことを考慮して長めに準備しておきましょう。完成後に実際にひもを通してみて、長さを調整してください。
ひもの通し口の広さについて
基本の作り方では、ひも通し口の広さを片側は1.5cm、両側は2cmくらいになるように寸法を取っています。巾着のひもの通し口が狭いと、ひもを引っ張るのに力が必要になるので、小さいお子様には開きづらくなってしまいます。ひも1本のときは1.5cm、2本のときは2cmより狭くならないように調節してください。逆に細めのワックスコードなど、細いひもを使う場合には、もっと狭くしても大丈夫です。
作り方について
巾着の作り方には様々で、またいろんなアレンジの仕方があります。当サイトでは飾りは付けずに、基本の巾着袋の作り方だけを解説しました。説明は初めて作ってみる人でも分りやすいよう、また多少寸法を微調整できる方法になっています。お子様の入園・入学用として、長く使えるよう袋口などは丈夫にし、洗濯しても形が壊れないように考えました。袋物の作り方の一例として、このサイトがお役に立てればうれしいです。

2016年11月3日ソーイング, 巾着袋の作り方, 裏地付き


PAGE TOP