ミシン糸とボビンの収納方法

tips-e-main

簡単で便利なミシン糸とボビンの収納方法

  • バラバラになってしまいがちなミシン糸とボビンを、とても簡単に収納する方法のご紹介です。
  • 糸は同じ色でも60番と90番があると、ボビンに巻いたほうの糸の番数が分らなくなりがちです。使うたびにボタンとヘアゴムで作ったキャッチャーでまとめておけばもう間違いません。
  • すごく色味が似ている糸も、ちゃんとボビンとセットにしておけば、縫った後に悲しい間違いに気付くなんてこともありません。

用意するもの

  • ボタン 1個
  • ヘアゴム 20cm ~ 22cm (2016.3.9 訂正)
Recommend
くるみボタンは穴が大きいのでゴムを通しやすいのでお勧めですが、穴にヘアゴムが通れば、普通のボタンでも大丈夫です。ゴムは普通の細いヘアゴムが使い易いです。100円ショップにある、カット済み10本セットになって売っているものが、長さもゴムの強度も丁度いいですよ。巻きの多い700mの糸はゴムを少し長めにしてください。(2016.3.9 追記)

作り方

tips-e-1

1.ヘアゴムをボタンに通し、結んで写真のような状態にします。

tips-e-2tips-e-3

2.まずボビンの方にゴムを通し、次にミシン糸の穴にゴムを通します。

tips-e-4tips-e-5

3.最後にゴムをボタンに引っ掛ければ出来上がり。これで糸とボビンがまとまりました。左側はくるみボタン12mmサイズ、左は普通のボタンを使っています。

tips-e-6tips-e-7

4.収納には、取り出しやすいかごを使っています。頻繁に糸を変えなきゃならない時も、糸とボビンが一緒になってるから便利なんですよ。ゴムのおかげで糸が飛び出さないのでおすすめです。ぜひお試しください。

Recommended Tools 道具と材料


リバティカットクロス

11.5cm角 10枚入り 648円


リバティカットクロス

11cm角 20枚入り 1,080円


カバードボタン

12mm 9組 345円


くるみボタンパーツ

20セット 151円

※商品の情報は掲載時のものです。

2016年10月19日Sewing Tips, ソーイング


PAGE TOP