巾着袋の作り方 裏地なし・マチ付き

kinchaku-type1-d-main

裏地なしの巾着

  • 角を三角に折って作るマチで、このタイプのマチはたたんだ状態でも立体です。
  • ひもの通し口は、片側・両側どちらでも出来る巾着の作り方です。サイトでは両側にひも通し口のある巾着を作ります。
  • 巾着にマチを作ると、お弁当袋など奥行きのある巾着を作ることが出来ます。入園・入学準備に裏地なしで巾着を作る時に活用してください。
  • このページではひも通し口を両側に付ける形で、マチ付き巾着の作り方の説明をしています。
  • 布を縦長に裁ち、半分に折り返すので、柄に天地がある場合には中心ではぎ合わせる必要があります。

必要な布の計算方法

kinchaku-type1-d-2

作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決めたら、下記の式で必要な布の分量を計算してください。マチとは袋の奥行きのことです。

柄に上下がある布
縦 : 高さ + マチ/2 + 縫代 4.5cm
横 : 幅 + マチ + 縫代 2cm
※上記の用尺で2枚。2枚のうち1枚は縦を1cm長くします。
柄に向きがない布
縦 :(高さ + マチ/2 + 縫代 3.5cm)× 2
横 : 幅 + マチ + 縫代 2cm
ひもの長さ
1本につき巾着の幅の2倍+20cmを目安に。用途によって調整する。

kinchaku-type1-d-5

計算例

kinchaku-type1-d-6kinchaku-type1-d-4

【写真】高さ17cm×幅10cm×マチ6cm・ひも両側の巾着

柄に上下がある布の場合

kinchaku-type1-d-7-a

【材料】縦24.5cm × 横18cm と 縦25.5cm × 横18cm
+ ひも55cm 2本(片側にするなら1本)

※2枚のうち1枚は縦を1cm長くする。

柄に向きがない布の場合

kinchaku-type1-d-7-b

【材料】縦47cm × 横18cm 1枚
+ ひも55cm 2本(片側にするなら1本)

※布をわにして裁断します。

作り方図解 – ひも両側タイプの巾着 –

kinchaku-type1-d-7

1.柄に上下のある布は、図のように布を重ね、短い方の端から縫代1cmで縫い合わせます。柄合わせの必要のない布はわで裁断し、工程の1~3までを省略してください。

kinchaku-type1-d-10-imgkinchaku-type1-d-11kinchaku-type1-d-12

2.長い方の布を縫い目の手前までアイロンで倒し、さらに縫い代を奥に倒して袋状になるようにします。

kinchaku-type1-d-13kinchaku-type1-d-14

3.袋状になっている方の端をミシンで縫います。写真右は表から見た図です。

kinchaku-type1-c-orimekinchaku-type1-d-15kinchaku-type1-d-16

4.裏面を上にして、上の図の位置でアイロンで折り目を付けます。まず布の端から1cm目のところで畳み、さらに2.5cm折り畳んでください。

kinchaku-type1-d-17

kinchaku-type1-d-18kinchaku-type1-d-19

5.1cm分は畳んだままの状態で、布の端にほつれ止めのジグザグミシン(またはロックミシンやまつり縫い)をかけます。手縫いの場合はブランケットステッチなどでほつれ止めします。

kinchaku-type1-d-20

6.中心で中表に布を畳み、両端を上から7cmを残して縫い、ひも通し口とします。最初と最後は返し縫いします。

7cmはきまりではありません。サイトではひも通し口の下に2cmのあきが出来るよう寸法を計算しています。ひも通し口を片側にする時は一方を7cm残さずに縫ってください。

kinchaku-type1-d-21kinchaku-type1-d-22

7.縫い残した部分をアイロンで割ります。葉書など、紙を当ててアイロンをかけるときれいに折れます。

kinchaku-type1-d-17

8.ひも通し口をコの字に縫います。縫い止まりの上は返し縫いをしてください。

kinchaku-type1-d-24

9.底のほうだけ縫代を手前に倒してアイロンで押さえます。

kinchaku-type1-d-25kinchaku-type1-d-26kinchaku-type1-d-27

10.底の両脇にマチを作ります。袋口から手を入れて、脇の縫代と中心を重ね合わせ、直角三角形作ります。マチの長さ分、ミシンで直線に縫います。縫った線の上にジグザグミシンをかけて、余分な布をカットします。

kinchaku-type1-d-28kinchaku-type1-d-29

11.表に返し、はじめにアイロンで折り目を付けておいた部分を折り返し、丁寧にアイロンで押さえます。

kinchaku-type1-d-30kinchaku-type1-d-31

12.袋口を縫います。布を図のようにミシンにセットして(写真左)、折り返した布の端から4~5mmくらいのところを縫います。最初と最後は返し縫い。

kinchaku-type1-d-28

13.ひもを通して完成です。2本目は逆側から通してください。写真は共布で作ったひもを使っています。

kinchaku-type1-d-33kinchaku-type1-d-34kinchaku-type1-d-35kinchaku-type1-d-36

【参考】LIBERTY Fabric Betsy Ann

Recommended Tools 道具と材料


Emily

エミリー

リバティ タナローン

10cm / 324円


Betsy

ベッツィ

リバティ タナローン

10cm / 324円


Crocodile

薄地

綿100%

10cm / 133円


Poodle

オックス生地

綿100%

10cm / 200円


ループエンド

W15xH14mm 10個 / 120円


シルケットコード

φ3mm 15m巻 / 842円


アクリル袋紐

Sサイズ 約7mm

全35色

1m / 48円


お名前シール

1,339円 / 送料無料

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

Sewing Tips

ひもの長さについて
ひもの太さにもよりますが、少なくとも巾着の幅の2倍+20cmを用意してください。ひも通し口を両側に作る巾着の場合は、ひもを袋口で結ぶことを考慮して長めに準備しておきましょう。完成後に実際にひもを通してみて、長さを調整してください。
ひもの通し口の広さについて
基本の作り方では、ひも通し口の広さを片側は1.5cm、両側は2cmくらいになるように寸法を取っています。巾着のひもの通し口が狭いと、ひもを引っ張るのに力が必要になるので、小さいお子様には開きづらくなってしまいます。ひも1本のときは1.5cm、2本のときは2cmより狭くならないように調節してください。逆に細めのワックスコードなど、細いひもを使う場合には、もっと狭くしても大丈夫です。
作り方について
巾着の作り方には様々で、またいろんなアレンジの仕方があります。当サイトでは飾りは付けずに、基本の巾着袋の作り方だけを解説しました。説明は初めて作ってみる人でも分りやすいよう、また多少寸法を微調整できる方法になっています。お子様の入園・入学用として、長く使えるよう袋口などは丈夫にし、洗濯しても形が壊れないように考えました。袋物の作り方の一例として、このサイトがお役に立てればうれしいです。

2016年11月4日ソーイング, 巾着袋の作り方, 裏地なし


PAGE TOP