巾着袋の作り方 裏地付き・マチ付き

kinchaku-type2-b-main

裏地付きの巾着

  • マチのある巾着袋の作り方です。
  • 布を切り替えたデザインのお弁当袋の作り方で説明してます。
  • 裏地を付けるのは難しいと思われがちですが、簡単で布端が出ないので仕上がりが綺麗です。入園・入学準備に裏地付きで巾着を作る時に活用してください。
  • 巾着の用尺を試算できる、計算シートを用意しました。2017.10 更新

計算シート

必要な布の計算方法

kinchaku-type2-b-2

作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決めたら、下記の式で必要な布の分量を計算してください。マチとは袋の奥行きのことです。

  • 縦:(高さ + マチ/2 + 縫代 3cm)× 2 (※「マチ/2」はマチの半分の長さ)
  • 横: 幅 + マチ + 縫代 3cm
  • ひも:1本につき巾着の幅の2倍+20cmを目安に。用途によって調整する。

kinchaku-type2-b-4

計算例

表布に切替のある巾着 高さ15cm×幅15cm×マチ10cm

表布は布を繋げて必要な長さにする、ひもは75cmを2本。

kinchaku-type2-b-5-akinchaku-type2-b-3

【写真】高さ15cm×幅15cm×マチ10cm
ひも75cm 2本

用尺 表布・裏布

kinchaku-type2-b-6

【表・裏】縦46cm × 横28cm 各1枚

表布 布切り替えの分量(参考)

kinchaku-type2-b-7

布の裁ち方

kinchaku-type2-yoko-akinchaku-type2-yoko-b
柄に上下のある布
縦の用尺の半分に1cmを足し、2枚裁断します。2枚を中表に重ね、縫代1cmで縫い合わせます。
柄に向きのない布
中表にして、わにして裁断します。
切替をつけた場合
それぞれの布を寸法どおりに裁断し、縫代1cmで縫い合わせます。
One Point
より仕上がりを美しくするには、表布は上の計算式と同じ寸法で裁ち、裏布は横は上の計算式通り、縦は5mm程引いた寸法で裁つと内側のもたつきを抑えられます。

作り方図解 – ひも両側タイプの巾着 –

kinchaku-type2-b-8kinchaku-type2-b-9

1.表布と裏布を表裏に重ねて、上下を3cmの位置で縫い合わせます。最初と最後は返し縫い。

kinchaku-type2-b-10kinchaku-type2-b-11kinchaku-type2-b-12

2.縫った所を割ってアイロンをかけ、縫い目をきっちり中心で合わせます。布の切り替えをしている場合には、切り替え部分もズレないように注意してください。

kinchaku-type2-b-13

kinchaku-type2-b-14

3.縫代を1.5cmとって脇を縫います。最初と最後は返し縫い。表布のほうはひも通し口を2cm分開けて縫い、裏布には返し口として8cm開けます。

返し口の大きさは、巾着の大きさに合わせて変えてください。

kinchaku-type2-b-15kinchaku-type2-b-16

4.縫った箇所を割って、アイロンで倒します。

kinchaku-type2-b-17kinchaku-type2-b-18kinchaku-type2-b-19

5.表布、裏布ともに底の両脇にマチを作ります。袋口から手を入れて、脇の縫代と中心が重なるように合わせ、直角三角形作ります。マチの長さ分、ミシンで直線に縫います。縫った線の上にジグザグミシンをかけて、余分な布をカットします。訂正:2015.1.28

kinchaku-type2-b-20kinchaku-type2-b-21

6.返し口から布を引き出して、表に返します。布を引き出すと右のような状態になります。

kinchaku-type2-b-22kinchaku-type2-b-17

7.裏布を表布の内側に入れ形を整えます。袋口は裏布がやや内側に入るようにすると綺麗です。

kinchaku-type2-b-24kinchaku-type2-b-25

8.袋口を縫います。写真のようにミシンに布を置き、端から2cmの位置をぐるり縫います。最後は返し縫い。

ミシンにある2cmガイドラインに布端を合わせて、針の落とし位置から布端までが2cmになるようにして縫っています。(写真参照)。

kinchaku-type2-b-26

9.返し口を綴じます。布をはしごのように左右にすくって縫いとめる、ラダーステッチがおすすめです。

kinchaku-type2-b-27

10.ひもを通して完成です。(写真は共布で作ったひもを使っています。)

kinchaku-type2-b-28kinchaku-type2-b-29kinchaku-type2-b-30kinchaku-type2-b-31

【参考】LIBERTY Fabric Franwin

Recommended Tools 道具と材料


スプリングデイ

普通地 10cm / 144円


イエローガーデン

普通地 10cm / 144円


いちご

やや薄い 10cm / 132円


POP BEAR

やや薄い 10cm / 133円


リネンコード

レーヨン&リネン

リネン五打紐 約7mm

1m / 136円


アクリルひも

Mサイズ 5mm~6mm

全77色

1m / 23円


シルケットコード

φ3mm 15m巻 / 842円


お名前スタンプ

基本セット 2700円

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

Sewing Tips

ひもの長さについて
ひもの太さにもよりますが、少なくとも巾着の幅の2倍+20cmを用意してください。ひも通し口を両側に作る巾着の場合は、ひもを袋口で結ぶことを考慮して長めに準備しておきましょう。完成後に実際にひもを通してみて、長さを調整してください。
ひもの通し口の広さについて
基本の作り方では、ひも通し口の広さを片側は1.5cm、両側は2cmくらいになるように寸法を取っています。巾着のひもの通し口が狭いと、ひもを引っ張るのに力が必要になるので、小さいお子様には開きづらくなってしまいます。ひも1本のときは1.5cm、2本のときは2cmより狭くならないように調節してください。逆に細めのワックスコードなど、細いひもを使う場合には、もっと狭くしても大丈夫です。
作り方について
巾着の作り方には様々で、またいろんなアレンジの仕方があります。当サイトでは飾りは付けずに、基本の巾着袋の作り方だけを解説しました。説明は初めて作ってみる人でも分りやすいよう、また多少寸法を微調整できる方法になっています。お子様の入園・入学用として、長く使えるよう袋口などは丈夫にし、洗濯しても形が壊れないように考えました。袋物の作り方の一例として、このサイトがお役に立てればうれしいです。

2017年10月25日ソーイング, 巾着袋の作り方, 裏地付き


PAGE TOP