お弁当袋の作り方 袋口のフリルと色切り替え

kinchaku-type3-d-main

袋口のフリルと色切り替え

  • 袋口を裏袋に作り、袋口に色のアクセントを付けます。また二段に縫うことによって、袋を閉めたときにフリルが付いたような形になります。
  • お弁当袋ではあまりフリルの部分が大きすぎないよう、1cmの高さになるように作りました。
  • 作例として、大きさは小さい子供用サイズと、二段重ねにも対応できる大人用サイズで紹介します。

必要な布の計算方法

kinchaku-type2-c-2

フリル部分の高さを含めずに、作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決め、下記の式で必要な布の分量を計算してください。※計算式はフリル分も含めた布の用尺になります。

表布
縦:(高さ + マチ/2 + 縫代 1cm - 2cm)× 2 (※「マチ/2」はマチの半分の長さ)
横:  幅 + マチ + 縫代 3cm
裏布
縦:(高さ + マチ/2 + 縫代 1cm + 4cm)× 2 (※「マチ/2」はマチの半分の長さ)
横:  幅 + マチ + 縫代 3cm
ひも
1本につき巾着の幅の2倍+20cmを目安に。用途によって調整する。

計算例

子供サイズ 高さ15cm×幅15cm×マチ10cm 小さい1段のお弁当用

表布の計算式

縦: ( 15cm高さ5cm(マチ/2)1cm(縫代) - 2cm )× 2 = 38cm
横: 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
裏布の計算式

縦:( 15cm(高さ)5cm(マチ/2)1cm(縫代) + 4cm )× 2 = 50cm
横: 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
材料
表布:縦38cm × 横28cm 1枚
裏布:縦50cm × 横28cm 1枚
ひも:75cm×2本

大人サイズ 高さ20cm×幅15cm×マチ10cm 二段重ねのお弁当用

表布の計算式

縦: ( 20cm高さ5cm(マチ/2)1cm(縫代) - 2cm )× 2 = 48cm
横: 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
裏布の計算式

縦:( 20cm(高さ)5cm(マチ/2)1cm(縫代) + 4cm )× 2 = 60cm
横: 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
材料
表布:縦48cm × 横28cm 1枚
裏布:縦60cm × 横28cm 1枚
ひも:75cm×2本
kinchaku-type3-d-2

【写真】高さ15cm×幅15cm×マチ10cm 子供サイズのお弁当袋

布の裁ち方

kinchaku-type2-yoko-akinchaku-type2-yoko-b
柄に上下のある布
縦の用尺の半分に1cmを足し、2枚裁断します。2枚を中表に重ね、縫代1cmで縫い合わせます。
柄に向きのない布
中表にして、わにして裁断します。
One Point
より仕上がりを美しくするには、表布は上の計算式と同じ寸法で裁ち、裏布は横は上の計算式通り、縦は5mm程引いた寸法で裁つと内側のもたつきを抑えられます。

作り方図解 フリルの高さが1cmの場合の作り方

kinchaku-type3-d-4kinchaku-type3-d-5
kinchaku-type3-d-6

1.裏布のわになっていない方の端を4cmずつ折り返し、アイロンで折り目を付けます。裏布の折り目を開き、表布と裏布を中表にして重ね、両端を1cmの縫い代で縫い合わせます。

フリルの高さを1cm以上にした場合4cmです。フリルの高さを1cm以上にいた場合は、増やした寸法分プラスすること。補足:2015.10.20

kinchaku-type3-d-7kinchaku-type3-d-8

2.縫い代を表布側に倒します。上図のように布を置き、ひも通し口と返し口を開けて、脇を1.5cmの縫い代を付けて縫います。(写真右)(2017.1.12修正)

kinchaku-type3-d-9

3.縫い代を割って本体側に倒します。

kinchaku-type3-c-10kinchaku-type3-c-11kinchaku-type3-c-12

4.表布、裏布ともに底の両脇にマチを作ります。袋口から手を入れて、脇の縫代と中心が重なるように合わせ、直角三角形作ります。マチの長さ分、ミシンで直線に縫います。縫った線の上にジグザグミシンをかけて、余分な布をカットします。訂正:2015.1.28

kinchaku-type3-d-10kinchaku-type3-c-14

5.マチを縫ったら返し口から布を引き出して、表に返します。

kinchaku-type3-d-11
kinchaku-type3-d-12kinchaku-type3-d-14

6.初めにアイロンで付けた折り目に沿って折り返し、アイロンで形を整えます。縫い代は全て下側に倒します。

kinchaku-type3-d-13kinchaku-type3-d-15

7.表布の端から1cmの位置と、裏布の端から1cmの位置を縫います。最初と最後は返し縫い。

表側の端から縫う位置は、フリルの高さになります。1cmから変更した場合はフリルの分量の位置で縫います。補足:2015.10.20

kinchaku-type3-c-20kinchaku-type3-d-16

8.返し口を綴じ、ひもを通して完成です。布をはしごのように左右にすくって縫いとめるラダーステッチにすると閉じた箇所が目立ちません。

kinchaku-type3-d-17kinchaku-type3-d-18kinchaku-type3-d-19kinchaku-type3-d-20

【参考】 LIBERTY フロリバンダ、コットンシャンブレー / ひも:ナチュラルカラーコード 5mm オールドローズ

Recommended Tools 道具と材料


Wander about forest

やや薄い 10cm / 133円


スプリングデイ

普通地 10cm / 144円


Little rabbit

普通地 10cm / 156円


アニマルフレンズ

普通地 10cm / 133円


ループエンド

W15xH14mm 10個 / 120円


シルケットコード

φ3mm 15m巻 / 842円


シャンブレー

50cm / 950円


アイロンシール

2,160円【送料無料】

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

Sewing Tips

ひもの長さについて
お弁当袋は、ひもを袋口で結ぶことを考慮して長めに準備しておきましょう。完成後に実際にひもを通してみて、長さを調整してください。
ひもの通し口の広さについて
お弁当袋は2本ひもを通すので、高さ2cmで寸法を取っています。太いひもですと引っ張るのに力が要るので、きついときはひもを細いものに変えて調整してください。
布について
ブロードやローンなど、薄手の生地がおすすめです。頻繁に洗うものなので、麻素材など、縮みやすい布は水通しと地直しをして下さい。

2017年1月12日お弁当袋, ソーイング, 巾着袋の作り方


PAGE TOP