人気のレシピ

お弁当袋の作り方 袋口のフリルと色切り替え

Detail & Style 色を変えたフリルがアクセント

  • 袋口を裏袋に作り、袋口に色のアクセントを付けます。また二段に縫うことによって、袋を閉めたときにフリルが付いたような形になります。
  • お弁当袋のフリルの高さは1cm、フリルの高さは自由に変えられます。
  • 小さめ子供用サイズと二段重ねにも対応できる大人用サイズの作例を紹介しています。
  • 巾着の用尺を試算できる、計算シートを用意しました。

必要な布の計算方法

kinchaku-type2-c-2

フリル部分の高さを含めずに、作りたい巾着の高さと幅、マチの深さを決め、下記の式で必要な布の分量を計算してください。計算した値はフリル分も含めた布の用尺になります。

マチのある袋は必ず立体でサイズを考えてください。

柄に上下がある布

kinchaku-type3-d-nuno1
表布
縦 = 高さ + マチ/2マチの半分0cm縫代と調整
横 = 幅 + マチ + 3cm縫代
※上記の寸法で2枚
裏布 フリルの高さ1㎝
縦 = 高さ + マチ/2マチの半分2㎝フリル×24cm縫代と調整
横 = 幅 + マチ + 3cm縫代
※上記の寸法で2枚

柄に向きがない布

kinchaku-type3-d-nuno2
表布
縦 =( 高さ + マチ/2マチの半分1cm縫代と調整 )× 2
横 = 幅 + マチ + 3cm縫代
裏布 フリルの高さ1㎝
縦 =( 高さ + マチ/2マチの半分2㎝フリル×23cm縫代と調整 )× 2
横 = 幅 + マチ + 3cm縫代

ひも

1本につき巾着の「幅+マチ」の2倍+20cmを目安に。用途によって調整する。

より仕上がりを美しくするには、表布は上の計算式と同じ寸法で裁ち、裏布は横は上の計算式通り、縦は半折の状態で5㎜カットすると内側のもたつきを抑えられます。

計算シート

巾着の用尺を計算のための計算シートを用意しました。作りたい巾着袋の「幅」「高さ」「マチ」を決めたら、計算シートの各欄に数字を入れて用尺の計算をします。PDF形式での配布ですので印刷してご利用ください。

【禁止事項】
× PDFファイルそのものを販売する。(修正も不可)
× サイトに掲載されている写真・画像・文章を無断で使用し他所で公開する。

計算シート

計算例

kinchaku-type3-d-size-kodomo

【写真】子供サイズのお弁当袋

子供サイズ 小さい1段のお弁当用

寸法
高さ15cm 幅15cm マチ10cm
フリルの高さ 1㎝
表布の計算式
縦 =( 15cm高さ5cm(マチ/2)1cm縫代と調整 )× 2 = 38cm
横 = 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
裏布の計算式
縦 =( 15cm(高さ)5cm(マチ/2)2cm(フリル×2)3cm縫代と調整 )× 2 = 50cm
横 = 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
材料
表布:縦38cm × 横28cm 1枚
裏布:縦50cm × 横28cm 1枚
ひも:75cm × 2本

大人サイズ 二段重ねのお弁当用

寸法
高さ20cm 幅15cm マチ10cm
フリルの高さ 1㎝
表布の計算式
縦 =( 20cm高さ5cm(マチ/2)1cm縫代と調整 )× 2 = 48cm
横 = 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
裏布の計算式
縦 =( 20cm(高さ)5cm(マチ/2)2cm(フリル×2)3cm縫代と調整 )× 2 = 60cm
横 = 15cm()10cm(マチ)3cm(縫代)28cm
材料
表布:縦48cm × 横28cm 1枚
裏布:縦60cm × 横28cm 1枚
ひも:75cm × 2本

How to make 作り方図解 フリルの高さが1cmの場合

kinchaku-type3-d-4kinchaku-type3-d-5
kinchaku-type3-d-6

1.裏布のわになっていない方の端を4cmずつ折り返し、アイロンで折り目を付けます。裏布の折り目を開き、表布と裏布を中表にして重ね、両端を1cmの縫い代で縫い合わせます。

フリルの高さを1cmにした場合4cmです。フリルの高さを1cm以上にした場合は、増やした寸法分プラスすること。
kinchaku-type3-d-7kinchaku-type3-d-8

2.縫い代を表布側に倒します。上図のように布を置き、ひも通し口と返し口を開けて、脇を1.5cmの縫い代を付けて縫います。(写真右)

kinchaku-type3-d-9

3.縫い代を割って本体側に倒します。

kinchaku-type3-c-10kinchaku-type3-c-11kinchaku-type3-c-12

4.表布、裏布ともに底の両脇にマチを作ります。脇の縫代と中心が重なるように合わせ、直角三角形作ります。マチの長さ分、ミシンで直線に縫います。縫った線の上にジグザグミシンをかけて、余分な布をカットします。

kinchaku-type3-d-10kinchaku-type3-c-14

5.マチを縫ったら返し口から布を引き出して、表に返します。

kinchaku-type3-d-11
kinchaku-type3-d-12kinchaku-type3-d-14

6.初めにアイロンで付けた折り目に沿って折り返し、アイロンで形を整えます。縫い代は全て下側に倒します。

kinchaku-type3-d-13kinchaku-type3-d-15

7.表布の端から1cmの位置と、裏布の端から1cmの位置を縫います。最初と最後は返し縫い。

表側の端から縫う位置は、フリルの高さになります。1cmから変更した場合はフリルの分量の位置で縫います。
kinchaku-type3-c-20kinchaku-type3-d-16

8.返し口を綴じ、ひもを通して完成です。布をはしごのように左右にすくって縫いとめるラダーステッチにすると閉じた箇所が目立ちません。

kinchaku-type3-d-17kinchaku-type3-d-18kinchaku-type3-d-19kinchaku-type3-d-20

【参考】 LIBERTY フロリバンダ、コットンシャンブレー / ひも:ナチュラルカラーコード 5mm オールドローズ

おすすめの生地店