巾着リュックの作り方 布切替あり

schoolbag-type2-c-main

布切替あり

  • リュックになる巾着袋の作り方。お着替え袋や体操着入れにぴったりです。
  • レシピと材料は、高さ37cm、幅27cm(袋口32cm、底幅27cm)、マチ5cmのサイズで説明しています。フックにかけたり手に持ているように小さな持ち手も付けました。
  • ひもを通す部分を別布にしているので簡単に作れ、裏地を付けているので仕上がりも綺麗です。

材料

schoolbag-type2-c-2

出来上がり寸法 高さ37cm、幅27cm、マチ5cm (持ち手含まず)

袋口が32cm、底幅は27cm、マチが5cmになります。

  • 表布A : 縦23.5cm×横35cm 2枚 (2016.2.3修正)
  • 表布B : 縦35cm×横35cm
  • 裏布 : 縦78cm×横35cm
  • 袋口用の布 : 縦7cm×横33cm 2枚
  • タブ用の布 : 縦4cm×横10cm 1枚
  • 持ち手(カバンテープ) : 28cm
  • ひも : 150cm×2本
  • ※レシピでは持ち手を表布Bを使って作っています。

持ち手の種類と作り方

必要用尺と裁断例

  • AとBの布の配分は目安です。今回用意した布は、約7.5cmで柄がリピートしているので、柄が切れないようにカットし、残りを無地の布にして縦の用尺を調整しています。AとBを縫い代1cmで縫い合わせ、接ぎ合わせ後のサイズが裏布と同じになるようにしてください。
  • 無地の部分に使ったデニム生地が薄手だったので、持ち手も共布で作っています。レッスンバッグ、シューズバッグ、巾着リュックの3点を作るため、柄合わせも考慮して、布A100cm、布B50cm、裏布100cmを準備しました。(布幅110cm)
  • 柄合わせを考慮せずに作る際の一例として、裁断の参考例を準備しましたので、そちらも合わせてご覧ください。
  • ポケットの大きさについては決まりはありませんので、裁断例には含んでおりません。余裕を持った用尺でご準備ください。

布切替あり 布の裁断例

布を接ぎ合わせる

schoolbag-type2-b-5

表布Aの上部3cm写真のように折ってアイロンを掛け、出来上がり線にします。表布Aと表布Bを中表にして重ね、縫い代1cmで接ぎ合わせます。 (2016.2.3修正)

schoolbag-type2-b-6schoolbag-type2-b-7

縫い代を表布B側に倒し、アイロンを掛けます。表から押さえのステッチを入れます。※作例ではデザインで2本ステッチを入れていますが、1本でも大丈夫です。

作り方図解 – 巾着リュック –

schoolbag-type2-c-3

1.布を裁断します。布を継ぎ合わせて使う場合は、柄合わせをして上記の寸法に合わせてください。

schoolbag-type2-c-4schoolbag-type2-c-5schoolbag-type2-c-6

2.タブを作ります。布をバイアステープのように両側を折り返し、4本ステッチを入れます。この時に両面接着芯を挟んで貼り付けておくとほころび防止になります。半分に切って、更に半分に折ります。

schoolbag-type2-c-7

3.表布の中心から3.5cmの位置にタブを縫いつけます。端から1cmの箇所にミシンをかけてください。

schoolbag-type2-c-9schoolbag-type2-c-10schoolbag-type2-c-11

4.次に口布を作ります。両脇を1.5cmに折り返し、2本ステッチを入れます。1本はほつれ防止用です。半分に折ってアイロンで押さえます。

schoolbag-type2-c-12schoolbag-type2-c-13

5.口布を表布に縫い付けます。中央に配置して、端から1cmの位置を縫います。片側に持ち手(カバンテープ)を表地側に縫いつけます。袋に前後ろがある場合には、後ろになる方に付けてください。上から1cm位の位置にミシンで縫い止めます。

schoolbag-type2-c-14

6.表布と裏布を中表に重ね、上の図のように1.5cmの位置を縫います。

schoolbag-type2-c-15

schoolbag-type2-b-16

7.先ほど縫った縫い目をきっちりと合せ、返し口を開けて脇を縫います。縫い代を割って、本体側に倒しアイロンをかけ、布を接ぎ合わせた場合には、底を片側に倒します。※縫い方は下記参照。

キルトや帆布など厚みのある布を使った場合、返し口は広めに取ります。

schoolbag-type2-b-17schoolbag-type2-b-18

8.表布、裏布ともに底の両脇にマチを作ります。袋口から手を入れて、脇の縫代と中心が重なるように合わせ、直角三角形作ります。マチの長さ分、ミシンで直線に縫います。

表布と裏布をくっつけたいとき

schoolbag-type2-b-19schoolbag-type2-b-20schoolbag-type2-b-21
  • マチになる部分を三角になるようアイロンで形作ったあと、同じ辺にあるマチ同士を重ねます。
  • 辺をぴったり合わせて重ね、ズレないようまち針で止め、上記と同様にマチを縫います。
schoolbag-type2-c-16
schoolbag-type2-c-17schoolbag-type2-c-18

9.返し口から布を引き出して表に返し、アイロンで形を整えます。

schoolbag-type2-b-26

10.返し口を綴じます。布をはしごのように左右にすくって縫いとめるラダーステッチにすると閉じた箇所が目立ちません。

schoolbag-type2-c-19schoolbag-type2-c-20schoolbag-type2-c-21

11.紐を通します。紐の先はタブにくぐらせてから結びます。反対側からも紐を通して完成です。

schoolbag-type2-c-22schoolbag-type2-c-23schoolbag-type2-c-24schoolbag-type2-c-25

【参考】 オックス生地 しろくまライダー バナナ、薄手デニム ブラック20シーチングドットプリント メドーグリーンアクリルひもMサイズ ダークオリーブ

Recommended Tools 道具と材料


苺ショートケーキ

オックス 50cm / 405円


ストロベリーパッチ

シーチング 50cm / 388円


ボーイズコレクション

シーチング 50cm / 302円


クレヨンの乗り物

オックス 50cm / 432円


ループエンド

16㎜ 14色

1個 / 47円


アクリルひも

Lサイズ 約7~8mm

1m / 59円


アイロンネーム

1,620円【送料無料】

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

Sewing Tips

布の素材について
お子様の通学用のバッグには、キルティングやオックス生地がおすすめです。表地は適度に厚みがあるものが、入園・入学用のバッグに適しています。レシピでは、表布は綿100%のオックス生地と薄手のデニム、裏布は綿100%の水玉模様の生地を使用しています。
持ち手について
カバンテープ(カラーテープ)の25mm~30mmのものが適しています。あまり厚くない布ならば共布で持ち手を作成してもよいですが、家庭用のミシンを使う場合、重なった部分が厚くなりすぎると縫い目が飛んでしまったり、ミシンが進まなくなることもあります。

2016年11月4日ソーイング, 布切替あり, 通園・通学のバッグ


PAGE TOP