カナディアンスモッキング

先日、古いUSBメモリを整理していたら、昔ちょっとだけはまったスモッキングの図案が出てきました。消してしまうのももったいないので、久しぶりにやってみたら面白くって、いくつかクッションが出来ました。上の写真もその図案を使ったひとつ、布を縫い縮めていくとこんな模様が浮かんできます。一枚の布から出来てるんです。ちょっとびっくりでしょう。

日本ではあまりみませんが、海外ではクッションなどによく使われてます。私もこの手法を知ったのは海外で、参考にしたのも英語でもない外国語だったので、名前とかよくわからないんですよね。「Canadian Smocking(カナディアンスモッキング)」と呼ばれてることを知ったのも最近で。それまではただスモッキング技法のひとつだと思ってました。

生地は無地の方が模様がはっきりと見えます。クッションにする予定だったので、このグレーの生地はテンション低めのニット生地を使いました。キュッ、キュッと引き締めながら縫っていくので、糸は手縫い糸を使った方がいいです。ミシン糸でもいいのですが、手縫い糸の方が絡まないし、丈夫なのでおすすめですよ。

いろんな図案がありますが、このお花のような模様が一番簡単だと思います。モチーフ1個でも使えるし、たくさん並べるとまた面白いんですよ。

上の図案をたくさんならべていくと、こんな模様になります。こちらはモチーフは小さ目、間隔は広めに開けています。感覚を詰めるとまた違った雰囲気に仕上がります。この模様、なんていう名前なんだろう?詳しい方に教えて頂きたい。

自分でチュートリアルを作ろうと思ったんですが、動画じゃないと理解しにくいし、作りながら過程を撮影するのも大変で。とってもわかりやすい動画があったので紹介しますね。Youtubeってリンクを貼ると動画画面が表示されるんだけど、これは自由に貼ってもいいのかな?ダメだったら削除しますので教えてください。


PAGE TOP