移動ポケットの作り方

かんたんキッズポケット フラップのアレンジ

pocket-type1-d-main

Detail & Style フラップの形を変える

  • フラップに当たる布Aには、「切替あり」のパターンを使います。布Bは「切替なし」「切替あり」どちらでも使えます。
  • 面ファスナーには「ループ(ふさふさ)」と「フック(トゲトゲ)」があります。縫い付け位置はパターンに指示していますので、どちらの面を付けるか確認して縫い付けてください。

面ファスナーには「縫製用」「粘着剤付き」「アイロン接着タイプ」があります。サイトでは使いやすい縫製用を使用します。「粘着剤付き」は針に粘着剤が付いて縫いにくく、布には不向きです。「アイロン接着タイプ」は洗濯で剥がれる場合もありますので、補強のため手縫いかミシンで縫い止めてください。

サイト利用について

たくさんの方にご利用頂けるよう作り方を公開しています。ただし作り方に関しては専門的なものではなく、独自のものでありますことをご了承のうえご使用ください。尚、作り方についていかなるクレームにも責任は負いませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

【禁止事項】
× PDFファイルそのものを販売する。(修正も不可)
× サイトに掲載されている写真・画像・文章を無断で使用し他所で公開する。

ご利用の際には上記の内容を必ずお守り下さい。

PDFファイルの使い方

上記の利用規約に同意した上、PDF形式の無料型紙をパソコン上で開いて保存してください。型紙は100%の縮尺率で印刷してください。型紙には縫い代が含まれています。

お使いのパソコンにもよりますが、インターネット上で開いた状態で印刷しますと、ラインに欠けが生じる現象がありますので、一度保存してから開いてください。

(2014年12月公開:個人での使用に限り商用利用可。)

How to make フラップのアレンジ

多角形型

pocket-type1-d-05pocket-type1-d-05

1.布A1と布A2をスクエア型に裁断し、布A1の裏側の3辺に表に影響のない色のチャコペンやシャープペンなどで幅1cmで縫い代のラインを書きます。更に写真のように4cmの位置で斜めのラインをいれます。布A2には指定の位置に面ファスナーを縫い付けます。

pocket-type1-d-07pocket-type1-d-08

2.布A1と布A2を写真左の向きにして中表に重ね、写真右の赤の点線で示した位置を縫います。さらに、角を縫い代1cmの幅(水色で示したライン)で切り落としてください。

pocket-type1-d-10

3.縫代を布A、布B、それぞれアイロンで本体側に倒し、綺麗に形を整えてください。ここから脇を縫って、表に返す工程まで、「基本の作り方」と同じです。

pocket-type1-d-14

4.脇を縫い合わせて、表に返したところです。フラップを開くと、A2に使用した布が見えるようになります。面ファスナーはフラップ裏とポケット口の下にきます。

pocket-type1-d-15

5.フラップに押さえのステッチを入れます。ミミシンの押えの幅などを利用し、一定の幅になるようにしましょう。作例は約7mmの幅で縫っています。最初と最後は小さく返し縫い。

pocket-type1-d-16

6.写真の位置にタブを挟み、縫い合わせます。タブの上は返し縫いでしっかりと縫い付けてください。角カンにバンドクリップを通して完成です。

ラウンド型

pocket-type1-d-01pocket-type1-d-02

1.布A1と布A2をラウンド型に裁断し、布A1の裏側に表に影響のない色のチャコペンやシャープペンなどで、幅1cmで縫い代のラインを書きます。布A2には指定の位置に面ファスナーを縫い付けます。

pocket-type1-d-03pocket-type1-d-04

2.布A1と布A2を写真左の向きにして中表に重ね、写真右の赤の点線で示した位置を縫います。

pocket-type1-d-09

3.縫代を布A、布B、それぞれアイロンで本体側に倒し、綺麗に形を整えます。布が綺麗におさまらない場合、縫い線を切らないよう注意して適度に切れ込みを入れてください。ここから脇を縫って、表に返す工程まで、「基本の作り方」と同じです。

pocket-type1-d-11

4.脇を縫い合わせて、表に返したところです。フラップを開くと、A2に使用した布が見えるようになります。面ファスナーはフラップ裏とポケット口の下にきます。

pocket-type1-d-12

5.フラップに押さえのステッチを入れます。ミシンの押えの幅などを利用し、一定の幅になるようにしましょう。作例は約7mmの幅で縫っています。最初と最後は小さく返し縫い。

pocket-type1-d-13

6.写真の位置にタブを挟み、縫い合わせます。タブの上は返し縫いでしっかりと縫い付けてください。角カンにバンドクリップを通して完成です。

ステッチのコツ。針を止めたい位置をマスキングテープなどでマークしておきましょう。端まで来たらひと目ずつ、幅を確かめながらミシンを進めます。

pocket-type1-d-17pocket-type1-d-18pocket-type1-d-19pocket-type1-d-20

【参考】LIBERTY Eloise & Cars / 薄手ダンガリー / 面ファスナー25mm / 角カン 内径15mm / バンドクリップ

おすすめの生地店