キルト生地で作るバッグ マチ付き

schoolbag-type3-a-main

キルティング

  • キルティングされた生地を使って作る、マチ付きのバッグの作り方。裏地を付けなくても綺麗に縫い代を始末する方法と、分厚くなりがちな部分をすっきりとさせて縫いやすくするコツを解説します。
  • レシピと材料は、高さ22.5cm、幅22cm(袋口32cm、底幅22cm)、マチ10cmの小さいサイズのトートバッグです。

材料

schoolbag-type3-a-2

出来上がり寸法 高さ22.5cm、幅22cm、マチ10cm (持ち手含まず)

袋口が32cm、底の幅は22cm、マチが6cmになります。

  • キルト生地(柄に上下あり) : 必要用尺 縦38cm×横68cm
  • キルト生地(柄に上下なし) : 必要用尺 縦74cm×横34cm
  • ※どちらかを選択
  • 持ち手(カバンテープ) : 30cm×2本
  • パイピングの布 : 24cm角の布でを4cm幅で1枚、5cm幅で4枚作る
  • 面ファスナー(マジックテープ) : 6cm
One Point
念のため、布は少し多めに準備してください。布を接ぎ合わせる必要がない場合、4cm幅のパイピング用の布は不要です。

必要用尺と裁断例

  • 柄に向きがあるものは縫い代1cmで接ぎ合わせて使います。
  • サイズ調整の方法は別途下記に記述します。

schoolbag-type3-a-43
schoolbag-type3-a-43

キルティング生地について

地直しをする
綿や麻は必ず縮みます。特にキルトは縮みますので、水通しをせずに縫ってしまうと、洗濯したあとに型崩れが起こります。
生地を水に浸したあと、洗濯機で軽く脱水し、叩いてシワを伸ばした状態で干します。アイロンは弱~中温で、キルトの綿を潰さないように軽くかけるようにしてください。
キルト綿のカットの仕方
このバッグの工程の殆どに、縫い代のキルティングをほどき、その部分の綿をハサミでカットする作業があります。この際に縫い目ギリギリまで綿をカットするのではなく、2~3mm浮かした状態でカットしてください。ほどいた糸もなるべくカットせずそのままにして、バイアスの中に隠すようにしてください。

サイズ調整 マチは4cm以上に設定してください

schoolbag-type3-a-3-3

schoolbag-type3-a-3-1schoolbag-type3-a-3-2
  • 本体の布は柄によって裁断方法を選択、口布は2枚必要です。
  • 柄のあるものは、完成時に柄がどの面に配置されるかを考えて裁断してください。

※サイズ調整の図で口布の縫代の数字に誤りがありました。上下共には1.5です。 2016.10.7

横幅の表記について バッグの寸法は立体で考えます

  • 入れるものの大きさを考えて作る場合、底辺を横幅にして考えるほうがぴったりの大きさのバッグを作ることができます。幅とマチで出来る長方形が、バッグの底の大きさです。
  • 幼稚園や小学校で来る指定のサイズはバッグ口を横幅にしていることが多いので、計算する際に横幅の計算を間違えないようにしましょう。

※旧サイトではバッグ口を横幅にしていましたが、巾着も上記と同じ計算方法なので統一しました。

作り方図解

下準備

schoolbag-type3-a-5

schoolbag-type3-a-6schoolbag-type3-a-7

1.口布の裏に、縫い線をチャコペンなどで書きます。面ファスナー(マジックテープ)の角を落とし、表側の中心にマジックテープを縫い付けます。ミシンで2周してしっかり縫い付けてください。

schoolbag-type3-a-8schoolbag-type3-a-9

2.口布の下の縫い代のラインをミシンで縫い、縫い代部分の綿をカットしておきます。

綿をカットするための作業ですので、一枚ずつミシンで縫ってください。

schoolbag-type3-a-10schoolbag-type3-a-11

3.4cm幅のパイピング用の布の一辺に、縫い代1cmでラインを引いておきます。縫い代のラインに合わせて折り、アイロンで押さえます。

schoolbag-type3-a-12schoolbag-type3-a-13

4.5cm幅のパイピング用の布の一辺に、縫い代1cmでラインを引き、下を1cm折りアイロンで押さえます。さらに縫い代のラインまで折り、アイロンで押さえます。

布を接ぎ合わせる 柄に上下がある布のみ 5~8

schoolbag-type3-a-14schoolbag-type3-a-15

5.本体布を中表に重ね、4cm幅に切ったパイピング用の布を重ねて、1cmの縫い代で縫います。

schoolbag-type3-a-16schoolbag-type3-a-17

6.縫い代部分の綿をカットし、本体布を広げます。

schoolbag-type3-a-18schoolbag-type3-a-19

7.縫い代をパイピングの布でくるみます。

schoolbag-type3-a-20schoolbag-type3-a-21

8.押さえのステッチを入れます。写真右は表からみたところです。

本体の縫い合わせ

schoolbag-type3-a-22

9.本体に持ち手を仮止めします。本縫いをした後にこの部分も綿をカットしますので、後で糸を抜けるよう、荒ミシンで縫い止めてください。

このサイズのバッグでは、持ち手の縫い付けの間隔を10cmにしていますが、作るバッグのサイズに合わせてバランス良く配置してください。

schoolbag-type3-a-23schoolbag-type3-a-24

10.本体の脇に、5cmにカットしたパイピング用の布を重ね、縫い代1cmで縫います。このとき上から最低2センチは必ず空けてください。綿はカットして、写真のように布を配置します。

schoolbag-type3-a-25schoolbag-type3-a-26

11.縫い代をくるみ、押さえのステッチを入れます。反対側も同様に脇を縫います。

schoolbag-type3-a-27schoolbag-type3-a-28

12.マチを作ります。マチ部分を開き、中心をあわせて重ねます。

schoolbag-type3-a-29schoolbag-type3-a-30

13.このとき、縫い代が重ならないよう、互い違いにしてください。パイピングの布を重ね、1cmの縫い代で合わせます。

schoolbag-type3-a-31schoolbag-type3-a-32

14.ここは綿をカットがしにくいので、端にジグザグミシンをかけて、厚みを押さえておきます。縫い代をくるんで押さえのステッチを入れます。

schoolbag-type3-a-33schoolbag-type3-a-34

15.口布を中表に重ね、脇を縫い代1cmで縫い、縫い代の綿をカットします。縫い代を片側に倒し、先に綿をカットしておいた下部分を折り返し、アイロンで押さえておきます。

schoolbag-type3-a-35schoolbag-type3-a-36

16.本体と口布を中表に重ね、縫い代1.5cmで縫い合わせます。このとき、脇の縫い代は互い違いになるようにしてください。

schoolbag-type3-a-37schoolbag-type3-a-38

17.縫い代の綿をカットし、補強のため縫い代内で持ち手を再度縫い付けます。口布の上下部分に押さえのステッチを入れ、表に返して完成です。

schoolbag-type3-a-39schoolbag-type3-a-40schoolbag-type3-a-41schoolbag-type3-a-42

【参考】 しろくまくんカラフルパンツ(キルト)、持ち手(ツイル)パイピング(20シーチングドットプリント)

Sewing Tips

持ち手について
キルトで持ち手を作ると、重なり部分が厚くなり、家庭用のミシンでは綺麗に縫えません。カバンテープや、キャンバスやツイルなど中厚生地で作ることをおすすめします。
口布について
綿の厚いキルティング生地の場合、口布もキャンバスやツイルなど中厚生地にすると作りやすくなります。
ポケットの付け方
  • 「縫い付けタイプ」は、裏につけると表に縫い線が出てしまうので、表に縫い付けます。
  • 「吊り下げタイプ」は、口布を本体に付けるときに一緒に縫い合わせます。

Recommended Tools 道具と材料


カーリーガールズ

キルト 110cm / 1296円


動物柄

キルティング 10cm / 189円


トリコロールチェック

キルティング 50cm / 972円


星柄

キルティング 50cm / 702円


ブロック柄
かばんテープ

25mm幅

10cm / 37円


アイロンシール

1,620円【送料無料】


お名前スタンプ

15点入り

※商品の情報は掲載時のものです。

Recommended Shops 手芸店 & 生地の店

2016年10月25日キルト生地, ソーイング, 通園・通学のバッグ


PAGE TOP